その他に関連するページ
このカテゴリ以外のページ
放送研究会への
オペ/制作依頼は
こちらから

代表挨拶  

私たち早稲田大学放送研究会は、学生トップレベルの機材と豊富な人材を有する日本でも最大規模のサークルです。

会員は、映像技術部・音響技術部・照明技術部・制作部・アナウンス部を中心に活動しています。この5つの部署は、早稲田大学内外の団体様のそれぞれのニーズに合わせて舞台演出やMC・ナレーション、動画・静止画の制作などを行えるよう、日々技術を磨いています。

 

上記のようなご依頼を受け、協力させていただくことが、我々放送研究会の最も根幹にある活動です。団体様の想いを、学生トップレベルの機材力と日本最大規模の人材で実現していく。これらは伝統と実績に裏付けられた我々にしかできない活動であり、まさに「唯一無二」のサークルと言えます。ここでしかできない活動、これが早稲田大学放送研究会にはあります。

 

放送研究会には人々の様々な「想い」が依頼といった形で集まります。その想い一つ一つには「想像」しているものがあると思います。放送研究会は他とは違う唯一無二な点を活かし、その想いを実現します。また、ただ想いを実現するだけでなく、想像を超えた「感動」を提供することを常に目指しています。

「想いを、想像以上の感動に」

放送研究会に関わっていただいた人々全員に感動をもたらすことを約束します。

 

このサークルを築かれた先輩方、そして日頃お世話になっている諸団体の皆様への感謝をもって、ご挨拶とさせていただきます。

 


早稲田大学放送研究会 第71代代表 柴田直樹

 

 

 

放送研究会とは  

 

放送研究会はサークルの分類でいうとマスコミ系になります。

マスコミとは一体何なのでしょう?辞書によると、新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・映画などのマスメディアを使って、不特定多数の人々に対して大量の情報を伝達すること、とあります。

人に何か発信したい情報があるとき、その伝え方は様々です。新聞や雑誌のように文字や写真で伝えたり、テレビのように映像で伝える方法もあれば、このサイトのようにWebを使って発信する方法もあります。

放送研究会は数あるマスメディアの中で「放送」という分野に焦点を当て、外部の方や自分たちのコンテンツを発信していくサークルです。

 

 

 

早稲田大学放送研究会とは  

 

私たち早稲田大学放送研究会は1000以上あると言われている早稲田大学のサークルの中で最大規模を誇ります。

主な活動は大きく分けて以下の2つです。 


1.映像・音響・照明の機材、アナウンスの技術を用いた活動 

早稲田内外の様々な団体の依頼を受け、それぞれのニーズに合わせたオペレーション(※)や、MCを担当しています。
代表的な例として野球の早慶戦があり、運営スタッフの一員として会場での音響とMC嬢を担当しています。
また、毎年11月に行われている早稲田祭は特設ステージでのオペレーションを委託されており、映像・音響・照明・アナウンス(MC)に至るまであらゆる力を発揮する機会でもあります。 


2.コンテンツ制作・企画立案 

他団体の公演やイベントのサポートを請け負うだけではなく、放送研究会では自分たちで企画を立案し、コンテンツを発信しています。
映像コンテストへの出品なども盛んに行っています。
過去には、制作部のチームがNHK全国大学放送コンテストのドキュメンタリー部門で優勝した経験もあります。
また、制作した番組を発表する場として、例年6月と12月に「番組発表会」というイベントを行っています。
具体的にはゲストによる漫才や大喜利などのお笑い企画、ダンスなどのパフォーマンス企画などを立案し、自分たちでオペレーションも手掛けています。
そして早稲田祭では特設ステージにおいて、芸能人やお笑い芸人をお招きして企画を行っています。
企業からのご協賛をいただき、大きな規模の企画を立案、運営しています。

早稲田大学放送研究会は今年で創立68年を迎えました。
長い歴史の中で培われてきた機材知識や制作能力、アナウンス技術は、会員が増えた今でも衰えることなく受け継がれています。
放送研究会の更なる発展のため、会員ひとりひとりが主体的に活動しています。

 

※1 映像・音響・照明などの機材を操ることを「オペレーション」と呼んでいます。
※2 MCは「Master of Ceremony」の略で、イベントなどの司会者やキャスターのことです。